「なりたい自分」と「本来の自分」の間にあるもの

April 22, 2015

みんなそうですが、人はどんどん歳をとりますし、ボケ〜ッとしてるとどんどん身体がたるんできます。

そんなとき、「自分はこうありたい!」「他人にこんな風に見られたい!」という「なりたい自分」への欲求は、自分を奮い立たせる原動力になります。

しかし、その理想が、「本来の自分」からあまりにかけ離れていると「無理」が生じてしんどくなってしまいます。

では、無理をせずに「なりたい自分」になるにはどうすれば良いのか?

ちょっと考えてみようではありませんか。

 

まず、「なりたい自分」を箇条書きにしてみましょう。

 

 ●かっこよくなりたい

 ●可愛くなりたい

 ●人気者になりたい

 ●お金持ちになりたい

 

それを踏まえて「本来の自分」はどうなのか書いてみましょう。

 

 ●理想とする格好良さには遠いけど努力はしている

 ●理想としている可愛さには遠いけど、そこそこ愛嬌はあるのではないか

 ●アイドルのような人気者ではないが周りに友達がいる

 ●大金持ちではないが明日のご飯が買えないわけではない

 

こんな風に書いてみると、本来の自分もわりと幸せな人に見えませんか?

 

要するに、「なりたい自分」と「本来の自分」の間にある

「無理をしている自分」に溺れて周りが見えなくなっている状態が、あなたを不幸にし、それは他人にも伝わり、無理が伝染して良い環境が出来ないわけで、それ以外の状態では書いても分かるように多かれ少なかれ幸せな自分が存在しているのです。

 

【そう、まずは無理をやめればどうよっ!!!】

 

普段色んなサイトを見ていて思うのですが、無理をして周りが見えなくなってる状態に陥る人は、水原希子さんとか梨花さんとか長谷川潤さんとかのモデルを筆頭に憧れの人を真似る傾向にあるような気がします(みんながみんなそうではないですが)。

同じ服や靴やバッグや化粧品などを買ってみたり、髪型を同じにしたり、同じ場所に行ってみたりして、それを写真でinstagramなどのSNSにアップすることによって自分のバランスを取っているのですが、物理的、経済的、何らかの事情で彼女らに追いつけなくなった時に物凄く落ち込んで、そしてそれを理想とし憧れている人や身近な誰かに責任転嫁して、さらに落ち込むという、非常に無利益なループにハマり込んでいらっしゃる方がまぁまぁいるようにお見受け致します。

 

なぜ今の自分嫌いなのでしょうか?それは、無理をすることが無駄なことだと気付いていないからではないでしょうか?

 

他人が幸せに見えて自分が不幸に思えるとか、本当にもったいないですよ!

他人の実情なんて知るよしもないですし、たいていの人は何らかの悩みがあって100%幸せな人はごくまれです。だからそんなふうに他人の幸せを羨むのは時間の無駄ってもんです。

 

それよりも

 

【自分がいかに日々笑顔でいられるのか?】

【笑顔でいるためにすべき事は何なのか?】

 

ということを考える方が生き方としては幸せだと思いませんか?

 

お料理やお菓子作りも良いですし、手芸も良いですね。難しい本を読破するも良し、バレエやヨガを始めるのも良いし、何か楽器を始めるのも良いですし(リサイクルショップに安くで売ってますから!)私的にはジョギングやトレイルランニングを強く押しますが、とにかく体力を付けると憂鬱な感情は消えます!騙されたと思って試しに500mでも良いので走ってみて下さい!めっちゃ気分が晴れ晴れしますよ!

最近はトレファクスポーツなどに行けば、スポーツ用品やアウトドア用品もかなり安いので(新古品も中古品も手に入ります)、気軽に色んなことが始められると思います!

 

「無理をしている自分」に無駄な時間を使って溺れてしまう前に、何かしら自分が笑顔でいられる時間や小さな目標を作ってみるのはいかがでしょうか?

 

そうです!もう言わなくてもお分かりだとは思うのですが、

「なりたい自分」を追いかけて無理するより

「幸せな自分」をたくさん見つけて下さい!

 

ちうこっちゃ!!!

 

実は今、とても大きな嬉しいお知らせが2つあって、

めちゃくちゃ言いたくてたまらないのですが、

それは来週4/28のMUSIC SHAREの放送後に発表致します!

皆様楽しみにしていて下さいね!!!!!

 

 

 

Please reload

Recent Posts

February 1, 2016

January 5, 2016

Please reload

Archive
Please reload

Follow Us