Out of sight, out of mind.

September 6, 2015

どんなに一生懸命頑張っても、そう簡単には誰も褒めてくれないし期待もしていないけど、夢中になっていると、何かを忘れて人を傷つけてしまうこともあったり、逆に傷つけられたりすることもある。

しかしこれは、私も他の人もみんな精一杯、日々をより良くすべく暮らしているだけのことなので、どっちが悪いとかっていう類いの話ではない気がするのだ。もっと言うと、頑張っている私達が誰かを傷つけ合うことは生きている限り致し方のないことなのかもなと思う。

こう書くと、ただ自分を戒めているような慰めているような感じですね。

日々懸命にMUSIC SHAREMUSIC SHARE KYOTOや新たな街での準備

KANADeや自分のために精一杯生きているわけですが、特にMUSIC SHAREは日本の音楽文化をもっと豊かに多彩にしたいという、生涯をかけて成し遂げたい目標みたいなものなので、夢中になっている時に周りが見えなくなってしまっていることもあるかもしれないので、気をつけなきゃな...ということをここで再確認するために書かせて頂きました。

よく私は歌詞に「忘れる」ということばを使うのですが、良くも悪くも人は「忘れる」生き物なので,こうやって書きとめておけばなんとかなるだろう、、、と思ったわけです。"いつか忘れてしまう" というのは残酷ですが、記憶を全てインプットしたままだと,とても生き辛いですよね。

忘れた方が良いこともある。そういうことなのです。

 

冒頭に "そう簡単には誰も褒めてくれない" と書きましたが、ワタクシ、先日、久々に褒められました。しかも某出版社の超仕事の出来る超美人編集者に。褒められた内容は明かしませんが、本当に気持ちが救われて心が軽くなって嬉しかったなぁ。しかし、思いがけない人がしっかりと見守ってくれているのだから、気が抜けないですね(笑)

まぁ、無理はせず(といっても、せっかちな性格なので根を詰めてしまうのだが...)マイペースに頑張ろう。

 

 

っちうこっちゃ!

 

 

Please reload

Recent Posts

February 1, 2016

January 5, 2016

Please reload

Archive
Please reload

Follow Us