数字に惑わされない生き方

September 7, 2015

 

視聴者数が「○千人突破!」「○万人突破!」瞬間最大視聴率が 「世界一!」みたいな記事を見ると、「うわぁ〜!羨ましいなぁ〜!」と指をくわえて観ていたりします。

視聴者数なのか?総アクセス数なのか?とかっていう話ではなくて、これはその番組が、"話題性を重視している" ということなんだろうなと。実際にちゃんと話題になっていると思うし。

MUSIC SHAREも視聴者数がもっともっと増えて、世間でもっと話題になってほしいなぁと、心から願っているし、それにはどうしたら良いのだろうと毎日考えています。

でも、実をいうと、、、瞬間最大視聴率1位という話だと、MUSIC SHARETHE MANさんにご出演頂いた時は番組放送中ずっと1位でしたし、リアルタイムランキングを観てくれていた視聴者の方が確認して下さった日だけでも、2 of a kind (谷中敦さん+藤枝伸介)の回と初回放送も瞬間最大視聴率は1位でした。リアルタイムランキングを放送中に見る余裕がスタッフにないので、ちゃんと調べてないけど、おそらく、もっと1位はあったはずです。

しかし、私はそのランキングが嬉しいとは素直に思えません。

私達の目標はあくまでも出演アーティストが番組でさらに認知され、LIVE動員数が増えて、活動範囲を広げるきっかけになる番組になりたいので、このようなランキングはあまり関係がないからです。

まだまだWEB TV出るよりNHKに出演する方が影響力あります。NHKに出演したら両親や兄弟はもちろん親戚も田舎のおじいちゃんおばあちゃんも喜んでくれますし、それぐらいにはならないとやっぱり喜べません。小学生の子供やおじいちゃんおばあちゃんに知られてないのに、簡単に「1位取った!」なんて言いたくないのです。確かに、それを周りに言うと「すごいね〜」って言われるのかもしれませんが、、、でもそれだけのこと。

それに、そういう事を言ってしまうと、実際LIVEイベントをしたとき、会場に人がどどっと押し寄せるぐらいにならないと恥ずかしいと思うのですよね。。。そういう事も含めて、やっぱりまだまだだよな...と思うのです。

 

何をやれば大きな宣伝になるのかなんて、まだ全然わからないですが 、世界に誇れるような素晴らしいミュージシャンを丁寧に紹介して、素晴らしいLIVEを生で良質なリスナーに届ける。そうすることで、さらに良質なリスナーも育てられるのではないかと。とにかく今はトライ&エラーで、出来ることを精一杯やり続けるしかないのですが、実は、それを今現在しっかりとやり続けている音楽番組は、MUSIC SHARE以外どこにもないのではないかなと思っています。

WEB番組でLIVEを生放送するというのはなかなか大変なことなのですよ。本当に。これは、快くご出演下さる出演者とMUSIC SHAREの技術スタッフと会場を提供して下さっているRed Bull Studios Tokyoのおかげです。みんな忙しい中、本当に頑張って下さり毎回本当に感謝しています。心から感謝しています。

 

以前、東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦さんが2 of a kindでご出演のときに、私が谷中さんに「MUSIC SHAREはお金もないし、音楽への愛情以外はないものだらけの番組で、色々と足りない点があると思うのですが宜しくお願いします。」と言ったら、谷中さんが「音楽に一番大切な物がこの番組にはあるってことじゃないですか。素晴らしいじゃないですか!」と仰って下さって、本当に胸にじーんと響いて今でも辛い時には、その言葉を思い出して自分を励ましています。(谷中さんのことをずっと応援するぞ!と心に決めた瞬間でしたw)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなMUSIC SHAREの今後の予定です。

Red Bull Studios Tokyoから生放送でお届けします!

 9/22 (火) 20:00-21:30   GUEST : jan and naomi / Language

10/27(火) 20:00-21:30   GUEST : 松平敬 / ハチスノイト  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、まだMUSIC SHAREを知らない音楽好きのお友達がいらっしゃいましたら、是非オススメして頂けると嬉しいです!一人一人の気持ちがMUSIC SHAREを支えていますので、何卒宜しくお願い致しますね!!!

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts

February 1, 2016

January 5, 2016

Please reload

Archive
Please reload

Follow Us